結局はまさかの社内結婚

2016年2月26日

結婚を意識したのは、30歳を目の前にする直前でした。
尊敬する入社4期上の先輩が結婚もしていなかったのですが、仲良くさせてもらって夜一緒に飲みに行っていましたが、漠然と今は確かに楽しいのですが、このままでいいのかなと感じていました、30歳を目前にした時に先輩を見ていて多分このまま行ったら先輩と一緒の道を辿ると感じて、結婚相談所に行くことを決心しました。
例え結果として、離婚をすることになったとしても、生物学的に子孫を残さないとこの世に生まれた意味がないのではないかと思いました。
もう10数年も前の話になります、今はスマホでマッチングしてとある意味お手軽ですが、当時入会した相談所は、月1回2人の相手のプロフィールが送られて来て会ってもみてもOKなら、相談所にその旨郵送で返信し、お互いOKなら相談所にて面会し、その時に印象で連絡先を交換してもOKなら、相談所の伝えて相手の連絡先を教えてもらうシステムでした。
当時2年の契約で30万だったと記憶していますが、そこそこ紹介→面会まではこぎつけていました。
近隣の県も網羅している相談所だったので、となりの相談所に面会に行くことがあり、支店の相談所に行ったときに事件が起こりました。
なんと偶然にも上司の奥さんが勤めていたのです、面会は土曜日だったのですが、翌週残業中に上司がやってきて、さも弱みを握ったように「先週土曜日どこに居た?」との質問、すかさず「○○です」との返答にそこに奥さん勤めているんだとのカウンター・・・、世間とは狭いものです。
しかし、「別に悪い事はしていません、婚活(当時はこんな言葉はありませんが)してます。」、それ以降レギュレーションでは、月2人のプロフィール紹介案内が何故か4人に倍増(笑)しました。
アフターファイブの時間のやり繰りが困難を極めました。
しかし、ここまでのコストをかけておきながら、社内の後輩とひょんなやり取りと回りの援護射撃があり、婚前妊娠は無いですがお互い知らない仲では無かったので、交際3ヶ月で9ヶ月後には挙式しました。
プロポーズの言葉は、長すぎて自分で(妻も)も覚えていませんが、10年経った今は子供2人に恵まれケンカは堪えませんが、お互い言いたいことを言っている関係だと思っています。
自分でもまさか社内結婚するとは夢々創造していませんでしたが、デート中に見つかっても仲の良い先輩後輩で飲みに行っているで済むので特に気にしませんでした。
最終的には社内結婚でしたが、自分の中で結婚しようと意識した結果のなかでの道筋の中で相談所に登録も色々な方に出会えて糧になったのかなと今では感じています。
世知辛い世の中ですが、人生経験の一環としてと言うか生物としての一環として結婚はするべきだと思います。
結婚したらしたで色々な苦労があるのは、「結婚は人生の墓場だ・・・」に代表されるように、少なからずうっとうしい事もあるのも確かですが、個人的には結婚して良かったと感じています、良い出会いがあることを祈ります。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です