Monthly Archives: 3月 2016

気候を選んだプロポーズが大事

2016年3月7日

結婚のエピソードとしてすぐに頭に浮かぶのはやっぱりプロポーズの日です。

lgf01a201412010600

8年間付き合った彼女にプロポーズしようと色々と悩みました。友人に相談したり、ネットで調べたりと…。なかなかこれってものに出会わず、どうしようかと思っていましたが、彼女と地元が一緒で海に囲まれた場所で過ごしてきたので、海でプロポーズしようと考えました。砂に文字を書いたり、、海に向かって大声で叫んだりと色々考えましたが、やっぱり自然な会話の中で伝えたいと思ったのでいつものデートみたいに彼女を海へ誘いました。ただ、誘ったのが2月の海。

風は吹いていなかったのですがやっぱり寒かったです。自動販売機であったかい飲み物を買い、「寒いね?」とか言いながら何気ない話をしていました。実は誘ったその海は一番最初にデートをした場所でもあり、「そういや8年前ここで初めてデートしたんだけど覚えてる?」っていう会話から、これまで行った場所の話や一緒に買い物をした話、一緒に参加したイベントの話などこれまでの思い出話をひとしきりやりながら、「懐かしいねぇ」なんてことを言っていました。途中、海を近くで見に行ったり、砂浜で山作ったり、山に木を立ててどっちが倒さずに砂を取れるかなど、子どものやるような遊びをやっていました。そんなこんなしていると結構時間も立ち、そろそろ言わないといけないなと思い始めました。

もう一度座っていた場所に戻り、次のデートで行きたい場所や食べたいものなど予定を立て、帰る雰囲気になっていたところで、決心して話をし始めました。短くスパッと言えればよかったのですが、なかなか言い出せず、さっきやっていた思い出会話をなぞる様な感じで話を続けてしまったので、この女の頭の上にはハテナマークが付いている様でした。

この人どうしたんだろうみたいな。あれこれ言ってもしょうがないと決心し、いざプロポーズの言葉(シンプルに結婚してください。)と言おうとしたその時でした。少しは感じていたのですが、風が吹いてきており、その瞬間に結構な風が吹きました。彼女はコートをぎゅっと握って一言「寒いから帰ろ」と言いました。嘘みたいな話ですが本当です。

何が起きたかよくわからずそのまま車へ。「寒かったねぇ」って彼女。機会を失った僕はどうすることも出来ず、ただただ彼女の家に車を走らせました。その道中で「そういやさっきなんか言いたそうやったね。」って彼女が言うので、そこで「結婚しよう」って言いました。彼女は笑いながら「そういうのって、もっと気の利いた場所で言うもんじゃないの?今外寒いし。」って言われました。ただそのあとO.Kしてくれたのでよかったですが、本当に気候と場所は考えないといけないと感じました。

なかなか決断しなかった彼がやっと…

2016年3月7日

結婚や子どもにあまり興味がない彼からプロポーズをされるまでの話です。

 私には付き合って3年半になる彼氏がいます。出会ったのは高校生の時でしたが、当時は付き合うことはなく高校を卒業し大学も卒業しました。その後会う機会があり社会人になってから付き合い始めました。彼からの告白に押されて付き合い始めましたが年齢を考えると、「きっとこの人と将来結婚するんだろうなぁ…」と付き合った当初から感じていました。しかし1年、2年と経っても結婚の話など1度もすることなく過ぎていきました。よくカップルで言い合いそうな、「将来は子どもが2人欲しいね!」とか「ずっといっしょにいようね。」というような甘い会話は一切ない私たち。このままで大丈夫なのかと心配する日々でした。付き合って2年になる頃、不安な気持ちが大きくなり、「20代で結婚するつもりはあるの?」と彼に聞いてみました。本当は直接話したかったのですが、勇気が出せずにLINEで聞きました。その答えは「20代でとか、いつまでにとかは考えていない。まだ結婚は考えられない。」とのことでした。その答えにショックを受け、別れるべきか自分が我慢をしてでも付き合い続けるのかと悩み続けました。付き合って2年~3年の間はずっと悩み続けていたような気がします。別れて結婚願望が強い人を探すべきか、別れたとしても結婚したいと思えるような相手に出会えるのだろうかという考えが頭から離れませんでした。

 もう一度彼と結婚について話をしようと思ったのは付き合って3年を過ぎてからでした。私は仕事のことで将来が不安で仕方がない時期がありました。1年後はどうなっているんだろうと将来が見えなかったのです。仕事が不安な上に結婚の話も進まない。どうしてもそれに耐えられず、「結婚にも子どもにも興味がない人とこれからどうやって付き合っていったらいいかわかんなくなっちゃったよ…。」と彼に打ち明けました。もう振られてもいいから彼の本当の気持ちが知りたくて勇気を出して言ったのに、その話題を流されそうになりました。悲しみと怒りでしばらく私からの連絡を絶ちました。すると彼から「今度はちゃんと話をするから。」と連絡がきて話をすることになりました。私の家に遊びに来てくれましたが、しばらく連絡を絶っていたこともあり気まずいムードに。私はきっと振られるだろうと思っていたので話をする前から涙が止まりませんでした。私の横に座り、肩を抱きかかえ、「なんで泣いてるの?」とからかうように声をかけてきた彼。そして、「今すぐとは言えないんだけど…、結婚しようか。」とプロポーズをしてくれました。振られることしか考えてなかった私は驚いて何も言えませんでした。「無理してないよね?本当にいいの?」と返すのが精一杯でした。

 その日以来結婚に関する話題もしっかりと話してくれるようになり、同棲や入籍する日、親への挨拶などどんどん結婚に向けて前進しています。友達にも結婚することになったと報告をしていると聞いて、本当に嬉しく思います。もし私から何も言わなければ今もなんとなく付き合う日々が続いていたのかもしれません。勇気をだしてあのとき聞いておいて良かったと心から思っています。悩んでいた期間が長かった分、結婚に向けて動きだした今がとても幸せです。