Category: 道のり

なかなか決断しなかった彼がやっと…

2016年3月7日

結婚や子どもにあまり興味がない彼からプロポーズをされるまでの話です。

 私には付き合って3年半になる彼氏がいます。出会ったのは高校生の時でしたが、当時は付き合うことはなく高校を卒業し大学も卒業しました。その後会う機会があり社会人になってから付き合い始めました。彼からの告白に押されて付き合い始めましたが年齢を考えると、「きっとこの人と将来結婚するんだろうなぁ…」と付き合った当初から感じていました。しかし1年、2年と経っても結婚の話など1度もすることなく過ぎていきました。よくカップルで言い合いそうな、「将来は子どもが2人欲しいね!」とか「ずっといっしょにいようね。」というような甘い会話は一切ない私たち。このままで大丈夫なのかと心配する日々でした。付き合って2年になる頃、不安な気持ちが大きくなり、「20代で結婚するつもりはあるの?」と彼に聞いてみました。本当は直接話したかったのですが、勇気が出せずにLINEで聞きました。その答えは「20代でとか、いつまでにとかは考えていない。まだ結婚は考えられない。」とのことでした。その答えにショックを受け、別れるべきか自分が我慢をしてでも付き合い続けるのかと悩み続けました。付き合って2年~3年の間はずっと悩み続けていたような気がします。別れて結婚願望が強い人を探すべきか、別れたとしても結婚したいと思えるような相手に出会えるのだろうかという考えが頭から離れませんでした。

 もう一度彼と結婚について話をしようと思ったのは付き合って3年を過ぎてからでした。私は仕事のことで将来が不安で仕方がない時期がありました。1年後はどうなっているんだろうと将来が見えなかったのです。仕事が不安な上に結婚の話も進まない。どうしてもそれに耐えられず、「結婚にも子どもにも興味がない人とこれからどうやって付き合っていったらいいかわかんなくなっちゃったよ…。」と彼に打ち明けました。もう振られてもいいから彼の本当の気持ちが知りたくて勇気を出して言ったのに、その話題を流されそうになりました。悲しみと怒りでしばらく私からの連絡を絶ちました。すると彼から「今度はちゃんと話をするから。」と連絡がきて話をすることになりました。私の家に遊びに来てくれましたが、しばらく連絡を絶っていたこともあり気まずいムードに。私はきっと振られるだろうと思っていたので話をする前から涙が止まりませんでした。私の横に座り、肩を抱きかかえ、「なんで泣いてるの?」とからかうように声をかけてきた彼。そして、「今すぐとは言えないんだけど…、結婚しようか。」とプロポーズをしてくれました。振られることしか考えてなかった私は驚いて何も言えませんでした。「無理してないよね?本当にいいの?」と返すのが精一杯でした。

 その日以来結婚に関する話題もしっかりと話してくれるようになり、同棲や入籍する日、親への挨拶などどんどん結婚に向けて前進しています。友達にも結婚することになったと報告をしていると聞いて、本当に嬉しく思います。もし私から何も言わなければ今もなんとなく付き合う日々が続いていたのかもしれません。勇気をだしてあのとき聞いておいて良かったと心から思っています。悩んでいた期間が長かった分、結婚に向けて動きだした今がとても幸せです。

この人と結婚してよかった!地獄を乗り越えてのゴールは幸せです。

2016年2月7日

10年以上長く付き合っている彼氏がいました。

30代になった時、この人とは結婚しないんだろうな…と少しずつ思い始めていました。

彼のDVと我儘が酷かったので、一生この人についていく…と言える程、私ももう若い御嬢さんではありません。

そんな時に出会った男性が、20代後半の年下の男性でした。

職場で一緒に仕事をしている時から、本当に仕事が出来て、コミュニケーション能力が高い人だと、

相まってとても人気があり、女子の話も絶えない。

珍しく男性に対して良いイメージを持ったのを覚えていますが、住む世界が違う人だと思っていました。

二人で仕事をする時間が増え、距離も近づいていた頃、突然の彼からの告白。

「幸せにしたいから、今の人とは別れてほしい」と言われ、自分よりも才能も若さもある彼の魅力に惹かれながらも、断る事にしました。

彼はどこに出しても恥ずかしくない、男女共にモテモテの誰もが羨む男性だったので、

私じゃなくても大丈夫だろうし、何故私なんだろう?騙されているのか?という疑念の方が強く、

考えがまとまらないのでちょっと時間をくれ、と話しました。

そんな話をする事もなく、10年以上付き合っている彼は、

相変わらず情緒不安定で、束縛も酷く、恐怖に怯える日々。

30代になって、今まで何故我慢してきたんだろう、という客観的な目で自分を見た時に、これ以上我慢する必要はない、という気持ちが湧き上がり、

職場の彼に、「ちゃんと別れるので、それまで少し待ってもらえますか?」と伝えると、

「自分は初めて結婚したいと思った人だから、リスクおかしてまで告白したんで、いくらでも待ちます」と、嬉しそうに答えてくれました。

決意してすぐ、行動にうつし、別れ話を告げました。

勿論、別れるのはとてつもない地獄でした。

包丁を持ち出して心中しようとしたり、警察沙汰になったり、それでも別れる意思が相手にはなく、説得を続ける日々。

「普通に結婚して子供が欲しい!もう我慢したくない!」とはっきり告げると、

子供も結婚も、自分の範疇になかったせいか、言い返すことができなくなり、

無事、別れる事になりました。

綺麗に別れられないとこんなに大変なのか…というくらい、その地獄はしばらく続きました。

彼自身が行方不明になったり、リストカッターを繰り返したり、それをアピールするように、

私に対してのストーカー行為も始まりました。

現在の彼に申し訳なく、面倒な女と付き合ってしまった…と思ってほしくなかったんですが、

行方不明になった…と相手の親から連絡がきたり、友人から自殺未遂の連絡がきたり、

前の彼の対応に追われる日々が続き、精根尽きて疲れ果て、

「ごめんね、面倒な事になって…」と謝る事が多くなっていた頃、

「貴方は大丈夫?幸せにするって言ったからには、俺にも、その相手にも我慢はしなくていいから」

「頑張って縁を切るのも、無視するのも、俺に頼るのも、やり方は貴方が楽なやり方にしなさい」

と、私に対して面倒に感じたり、相手に対して怒ったり、こうすればいい!とか、俺がこうしてやる!というわけでもなく、自分のやりやすい方法で結論つけるように言われました。

別れるのは本当に大変でしたが、

彼との絆は強くなり、すでに結婚から2年近くになります。

あの時の自分の判断の正しさや、苦労が報われるように、今とても幸せです。

バツいち結婚に至った経緯について

2016年1月1日

私は25歳で勢いにまかせ右も左もわからず結婚してしまい、27歳の時に離婚しバツいちになった過去があります。離婚をする際は本当にもめましたし、悲しい思いをたくさんしました。

そんな私ですから結婚は実際もうこりごりだと思っていましたし、離婚した後は開放感でいっぱいで結婚のことは全く考えられませんでした。そんな私が今の旦那に会い29歳の時に毎日のようにプロポーズを受け断り続けていました。

しかしある時僕と結婚する気がないのならもう一生会わないと宣言され、私との関係を一切絶ち、友達としてもつながりを持たないと言われてしまいました。私は突然の彼の宣言にうろたえ、あわてて電話するも『今度かけてくる時は

僕と結婚すると決断した時だけにして欲しい』ときっぱり言われて言葉を返す暇もなく電話を切られてしまいました。そして一人になって考えた時、ちょっとしたことなどもすべて彼に相談に乗ってもらいアドバイスを受けていたので自分だけでは決断できないことも多々あることに気づきました。結婚に踏み切らない私にしびれを切らしたのはわかりますが、私にとってはあまりにも唐突すぎました。しかしそんな状態がしばらく経って改めて冷静に二人の関係を見つめなおしてみると、私はあまりにもいろいろと彼に頼ってしまっていて彼はもはや私の人生の中でいなくなってしまうのは耐えられないと思いました。

しかし本当に心の底からもう結婚はこりごりだと思っていましたが、しぶしぶ彼と結婚することに同意しました。彼は初婚でしたし、結婚式は200人ほど呼んでかなり盛大にやりました。しかし結婚式の当日まで彼は私が逃げ出してしまうのではないかと思いかなり何度も何度も結婚式当日に逃げ出すようなことがあれば一生許さないというようなことを言われました。

私はすでに腹はくくっていましたが、彼にはなかなか信用されなかったみたいです。そんな風に始まった私の結婚ですが今年で10年目を迎えます。かわいい二人の子供にも恵まれあの時に彼があの時無理やりにでも私に結婚を迫ってくれて本当にありがたいと心から思えるようになりました。そうでないと今頃もきっと私は独りっきりのままだったと思います。

たしかに結婚はいい時期も悪い時期もありますが、やはりいろいろなことを二人で乗り越えて行くたびになんだか家族に絆が深まっていったように思います。もし結婚に二の足を踏んでいるような人がいたらだまされたと思って始めてみたらいいと自信を持っておすすめできます。

友達のサプライズプロポーズ

2015年11月20日

私の友達の話ですが、つい最近付き合って1年になる彼氏にプロポーズをされたそうですごく幸せそうでした。

そのプロポーズされたときのシチュエーションなのですが、別に記念日でもないとある日に横浜に泊りの旅行に行こうということになったそうです。2人でホテルを探していい感じの部屋でコース料理が食べれるという少しリッチなところにしたそうです。

2人で決めたホテルだったのでなんの疑いもなくその当日ホテルへチェックインをして彼氏も変わった様子はなく部屋へと案内されたそうです。そして部屋を開けてみると、鏡張りの横浜が一望できる景色に加えそこにはたくさんのピンクと赤のハート型の風船と、花びらがちりばめられていたそうです。

これは何だとびっくりしていると、一つのテーブルの前へ連れていかれてそこには最初のデートでディズニーランドへ行ったときに買ってもらったミニーのぬいぐるみが置いてあって、そのミニーが小さな箱を持っていたのです。

そして彼氏から「俺と結婚してください」となんとまぁストレートなプロポーズで、友達は泣きながら「よろしくお願いします」と返事をしたそうです。彼氏に食事をしているときにどうやったのかいきさつを説明してもらうと、なんと全部自分でセッティングしたそうで旅行の前日にも横浜へ行きこの部屋を借りて風船を自分で膨らませ花びらを散りばめ、お風呂にもバラの花びらを置いておき一日がかりで準備をしたそうです。

私の部屋に置いてあったミニーのぬいぐるみもこっそり借りて持ってきていたそうです。そして何事もなかったかのように今日は待ち合わせ場所に迎えに来てくれてこのホテルへとチェックインしたということでした。ホテルの方も協力してくれてお祝いにケーキを用意してくれていたのです。シャンパンを二人で空けコース料理を堪能して、最高なプロポーズをしてくれてすごく嬉しくてずっとありがとうと言っていたそうです。忘れられない記念日になったそうです。と私の友達は幸せいっぱいに報告してくれたのです。

プロポーズはどんな場面でもどんな言葉でも相手の想いが伝わって来れば嬉しいもので、男の人にとっては人生を決める一言になるといっても過言ではないので大変緊張したんだろうなと思いました。私もいつか素敵な友達に自慢できるようなプロポーズを受けてみたいと思いました。それから友達は彼氏のことがもっともっと好きになって、次は結婚に向けての準備をしているそうです。
綺麗になっていく友達をみて私も嬉しいです。

友達の結婚に至る体験談

2015年11月7日

私の友達の結婚に至る体験談です。

とても美人で社交的、性格も良く男女問わずモテル女性でした。

そんな彼女の人生は波乱万丈。本当にこういうことが起こりうるんだと思いました。

彼女の名前はIさん。

大学を卒業してすぐに結婚した男性は公務員。今まで付き合ってきた男性の中で一番いい人なんじゃないかなと友人の中でも思う男性でした。

彼女が付き合う男性は、少し世間離れしたような変わった人が多かったので。

新居は旦那さんの実家の前にあるアパートでした。

なぜその場所かというと、アパートの駐車場だと車上狙いに遭いかねないので実家の駐車場に停めたいという旦那さんの希望もあってでした。

それがいけなかった・・・。

買い物や出かけるときに実家へ車を取りに行くとお姑さんが出てきて

「どこへ行くの?」「何時に帰ってくるの?」「私(姑)も連れてってくれないの」と息子(旦那さん)を追いかけまわし、嫁であるIさんを敵視していたようです。

旦那さんの夢は「二世帯住宅を作ること」でした。

Iさんはそれが嫌でたまりませんでした。

Iさんは事務職のパートとして働き始めました。

すると旦那さんは「二世帯住宅を建てるため」と言って毎月、旦那さんの収入からとIさんの収入から同金額を預金するように求めました。管理は旦那さんです。

公務員とパート職では収入が全く違います。それなのに同金額を預金、そして家庭内でかかったお金は2人の財布から同金額出すよう求められました。

おかしな話だなと思いました。

Iさんはケチで節約家の旦那さんとさらに追い回すお姑さん、それにべったりな旦那さんがどんどんイヤになっていきました。

気持ちが離れていったのは結婚して1年もたたないころです。

結婚2年目のクリスマスイブは旦那さんとお姑さん二人でディズニーランドへ旅したようです。怖いくらいのマザコンでした。

そしてそれが嫌で離婚に。離婚をするのも本当に大変でした。

Iさんのご両親は教師。そのお母様を呼び出しあることないこと言い放った旦那さん。

離婚を申し出たのがIさんだったのでなかなか納得しなかった旦那さん。二人で貯めたお金を分割して渡す話がどうにも嫌だったそうで、それをIさんがあきらめたら即離婚話が成立しました。

嫁入り道具に持って行った家具や家電、調理器具、Iさんの友人である私たちがプレゼントしたものはすべて旦那さんに渡すよう言われたそうです。本当にケチでマザコン男でした。

離婚をし実家に帰ったIさん。それからしばらくしてお母様がご病気に。

難病で、それをすべて看病し続けたのはIさんでした。

自分のせいで病気になってしまったのではないか、働きながらお母様の看病をし心から尽くしていました。

Iさんはとてもモテる女性。

私と一緒に出席した結婚式で出会った男性に言い寄られすぐに同棲。

結婚式の段どりまでいきましたが、まわりの反対もあり別れました。

そしてすぐに出会ったのが実家の近くの男性。年下で付き合い始めてすぐに妊娠し、結婚しました。

ものすごく早い展開でした。

でも再婚相手の男性も私や私の友人から見てビミョウな人でした。この人で大丈夫なのか・・・。

そんな風に思っていました。

やはり・・・ビミョウな男性でした。

結婚してから2~3年の間に転職を4度も繰り返し無職時代も長かった。

Iさんが働き、家計を助け、家のローンも支払っていました。

そして私はIさんとじっくりと話しました。親友同士何でも話ができる間柄。

再婚相手の男性を選んだのは、お母さんに早く孫を見せたかったから、そしてその男性のバックボーンがよかったからでした。

今となっては現在の旦那さんに何の気持ちもなく、できれば離婚したいくらい。とのこと。

やっぱりな~。

お母さんの生きる力のために孫を早く見せて少しでも元気になってもらい生きてもらいたい。それが彼女の願いでした。

お孫さんの1歳の誕生日をお祝いしてしばらくしてお亡くなりになられました。

Iさんはお母さんのための人生を選んだ人でした。

それから5年以上の月日が流れた今。

一応、結婚関係は継続していますが、旦那さんへの愛情はゼロです。

Iさんは自分の夢を叶えるためにしっかりと働いています。子育てもしています。

老後を旦那さんと過ごすなんて一ミリ足りとも考えていません。

できればさっぱり離婚したいようですが、夫婦というよりも、家に勝手に住み着く人というレベルだそうです。。

Iさんは子どもがいるお母さんですが、それでもやはりモテます。未だにモテます。

だから私はお母様のために選んだ人生を今は自分自身のために、モテまくって楽しく幸せに生きて行ってほしいと願っています。

いらない旦那はポイ捨てしてもいいくらいかな~なんて思います。

ドタバタ決まった年の差結婚話

2015年9月18日

今の旦那が23歳私が30歳の時に出会い、すぐに意気投合して休日に一緒にいる事が多くなり自然と付き合うようになりました。しかし、あまりにも年下で最初は結婚相手は別の人とそんな時期がきたらするんだろうなっと考えていて彼と一緒にはいましたが結婚相手としては全く考えられませんでした。

そんな理由からも両親へ合わせるわけもなく月日が経ったある日、いきなり彼が犬を飼うと言いはじめました。
犬なんて一緒に買ってしまったら別れた時が大変と思い阻止しようと思いましたが、一人で買いに行ってました。

そこから今度は彼のアパートの更新が近づくにつれて一緒に住みたいと言いはじめ、まだうちの親にも会った事ないのにと思い、同棲だけなら反対されるよというといきなり彼の両親が挨拶に来て一緒に住ませてほしいと私の両親に挨拶にきました。彼は私との結婚を考えてると自分の両親に伝えたようです。

そこですぐに同棲するようになり、同棲から三か月後には入籍、また二か月後には妊娠が分かりドンドン進んでいきました。

私自身は結婚式を挙げなくても良いという考えでしたが、彼の両親からしたらきちんと挙げて欲しいとの要望があり、すぐに式場を抑えて4か月後には式を挙げました。結婚式がいきなり決まったのでつわりで一番きつい時に準備で忙しく準備自体を楽しむ事が出来なかったけど、彼や周囲の人のサポートで順調に準備が進んでいきました。
式当日はつわりからも解消されていたので体調も良かったですが、やはり最後の方はきつかったです。

来る人の為に料理だけは美味しいものをと思っていたのですが、試食会の時にあまり納得いくものではなかったのですが、当日は試食会とは全く違い美味しく妊婦で食欲もあった事もあり食事が止まりませんでした。自分達のオリジナルの結婚式をしたかったのでビデオなどは流さずに来てくれた人に楽しんでもらいたくて知り合いのマジシャンの方にお願いしたりして盛り上げてもらいました。

彼の最後の挨拶で無事終了しました。同棲から出産まで全てが一年で終わってしまったのです。結婚したくてもなかなか相手に恵まれずに仕事ばかりしていた事が原因の一つだったかもしれませんが、34歳で結婚出来、35歳までに子供が出来なかったら産まないと言っていたけど、すぐに子供にも恵まれて本当に良かったです。

結婚して家庭を持つ事が合う人と仕事に生きる人と女性は分かれどちらが合うかはやってみないと分かりませんが、今でも私自体どちらが合ってるのか分かりません。いつかその答えが出るまでじっくり今の居場所を大切に守っていきたいです。